【健康・癒】ベビーマッサージを学ぶ:メニュー

ベビーマッサージ babymassage

 

 『言葉ではない、心の会話』

ベビーマッサージはママと赤ちゃんの”ココロとカラダ”を育むための最高のコミュニケーションツール!!

赤ちゃんはママに触れられる事が大好き
生まれながらにして赤ちゃんは本能的にアタッチメントを求めています。ママからのたくさんの笑顔と語りかけ、そしてやさしくゆったり触れられる事は、身体全身で愛情を感じ、心から安らぎを得た状態になります。
ママも、赤ちゃんの表情、声、身体の状態などを感じ取り、そのときの赤ちゃんの心を感じ取ってあげるのです。
さらに、自律神経・ホルモン・免疫などに働きかけ、自然治癒力を高めてくれる効果があります。

そのため、心の安定を保ったり、病気にかかりにくい強い身体を作り、病気の再発を予防したり、回復を早めたりする効果も得る事ができます。

 

▼ベビーマッサージレッスン料金

▼認定資格・取得希望の方はコチラ

▼お申し込み・お問い合わせはコチラ

 

 

ベビーヨガレッチ babyyogaretch

  

ホリラボのベビーヨガレッチは『べビーヨガ』と『ストレッチ』を合体させた造語です。

ママは(施術者)赤ちゃんを抱っこしながらママの骨盤調整、体力回復を目的としたストレッチやポーズ(アーサナ)を行ないます。また、赤ちゃん自身にもポーズをとらせたり、身体の機能が未発達な赤ちゃんの筋肉や関節を動かし刺激する事で、赤ちゃんの筋肉の発達を促しバランス感覚を養うことへと導いていきます。

様々な組み合わせ動作を、赤ちゃんのペースで楽しみながら行います。赤ちゃんは、べビーヨガレッチって楽しい! と、五感全てで感じています。

Holistic Life Labのベビーヨガレッチは、ママやパパが、赤ちゃんと一緒に日々の生活の中で自然に取り入れていける内容になっています。
赤ちゃんは楽しい♡好き♡を育み、ママはきれいな身体を保ち、楽しく育児をしていきましょう♪

 

▼ベビーマッサージレッスン料金

▼認定資格・取得希望の方はコチラ

▼お申し込み・お問い合わせはコチラ

 

 

赤ちゃんサイン babysign

 

 赤ちゃんサインは、ジェスチャーや手話を使って、まるで会話をするようにコミュニケーションをとれる、最適な育児方法のひとつです!!

言葉はある日突然出てくるわけではありません。”言葉”による気持ちの表現の前に、”表情や態度”による気持ちの表現が育ってきます。赤ちゃんは泣いたり笑ったり、怒ったり…言葉が無くても一生懸命に気持ちを大人に訴えかけてきます。 しかし、大人は『なんで泣いてるの?』『私はどうすればいいの?』…言葉が無いと赤ちゃんの考えている事がわからずオロオロ、イライラ…。 
そんな時にこそ、赤ちゃんサインで会話が出来れば、大人は赤ちゃんが言いたい事を理解し対応することが出来るのです。

Holistic Life Labの赤ちゃんサインは、ママが赤ちゃんにサイン(ジェスチャー)を”教込む”といった考え方ではありません。あくまでも、赤ちゃんが主体です。

赤ちゃんにとって、わかりやすく動かしやすい動作(ジェスチャーなど)を大切に考えます。
 

▼ベビーマッサージレッスン料金

▼認定資格・取得希望の方はコチラ

▼お申し込み・お問い合わせはコチラ

 

 

ベビーリフレクソロジー babyreflexology

 

 YMCメディカルトレーナーズスクール*1で学べるリフレクソロジーをベースに、赤ちゃんの足にも負担なく施術を行なえるようにアレンジ。 足裏には身体全体の臓器や器官が投影されていると考えられています。『反射区』と呼ばれる場所を刺激する事で、そこに対応すす臓器や器官、また血液やリンパ液の流れが活性化して、自然治癒力や免疫力を高めることが出来ます。


Holistic Life Labで行なっているベビーリフレクソロジーは、大人のリフレクソロジーのように強く関節で刺激するものではございません。
指の腹でやさしくなでるような感覚で行なっていきますので、ご安心ください。

*1:整体・カイロ・リフレクソロジー・アロマ・ヨガインストラクター・スポーツトレーナー・ベビーセラピスト などのプロ集団を育成するスクールです。

 

▼ベビーマッサージレッスン料金

▼認定資格・取得希望の方はコチラ

▼お申し込み・お問い合わせはコチラ

  

 

 

食育 education of food design

 

食育基本法(2005年施行)には、『食育』とは、「様々な経験を通じて食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる事」とあり、実践を通じて生きる力を身につける事を目標としている。

しかし、幼稚園から中学生までを育てている母親たちに調査をすると、約9割以上が食育に関心を持ち、家庭での食育は重要であると答えているものの、具体的に何が食育なのかわからないし、何をすべきなのかわからない、食育の実践を負担に思う、と感じている方も多くいるのが現状のようです。


認定資格コース(1級・オプショナル):解剖生理学の知識に基づきながら、子どもの離乳食段階について、成長期の子どもの必要栄養素について、アナフィラキシーショックについて、現代問題になっているコショクについてなどを学習していきます。さらに、食育発表の時間もございます(全3コマ)

 

個人教室実体験を重視した食教育に取り組みます。
キッズお料理会を通じて、味わい(五味)、演出(五感)、色合い(五色)、調理(五法)の実践をおこないます。
使用する食材の栄養説明や体への働きなどを、子どもがわかるようにおもしろ楽しく教えていきます。それを子ども自ら調理、配膳の用意から片付けなどを段取りを組んで行っていきます。そのプロセスが、子どもたちの考える力を養い、食への興味と関心を高めていくことにつながります。

不定期に開催しております。詳細はその都度当サイトにてご案内致します。

 

▼認定資格・取得希望の方はコチラ

▼お申し込み・お問い合わせはコチラ

 

 

チャイルドアートヒーリング child art healing

  

 こどもの色を用いる事への強い興味が、感情と関係する事が実証されています。 ちょうど自我が芽生えてくるころ、子供たちの周りには変化が現れます。たとえば、保育園などの集団生活が始まったり、トイレのトレーニングが始まったり、兄弟ができたり…。 特にこのような時期の子供たちは、心の中に様々な感情、葛藤を抱えています。

まだ言葉を上手く操れない子供の言葉からこれらを理解するのは容易なことではありませんし、こども自身も、複雑な思いを上手く言葉で表現できないが故に、時に癇癪(かんしゃく)を起こしたり、乱暴な行動をとったり、または黙りこくってしまったりと様々な行動にでます。 そんな時、私の対応(親)は大丈夫なのかな? 子供が何を考え、どんなことを感じているのかな? 親なら誰しも思うことですよね…。 その手がかりとなるのが、子供の描く絵なのです。 こどもは直感的に色を選び、おもむくままに絵を描いていきます。色や線、配色、配置、様々な要素を手がかりに、子供の絵が多くの事を私たちに教えてくれます。そして、子供たちにとっても、絵を描く行為は表現する事を通じて自らの心の思いを吐き出して心のバランスをとっているのです。自分の意思で色を選び形を描く、自己の表現こそがとても大切なのです。

ホリラボでは、色を選ぶ事への効果や色の心理、子どもが描く絵の秘密について…また、こどもと大人のアートイベントも行なっています。
対象年齢/おおよそ3歳くらい~6歳くらいまで(イベントによっては対象年齢を設定していないもの, 大人向けのイベントもございます)

個人教室のみで受講(資格取得講座ではありません)

不定期に開催しております。詳細はその都度当サイトにてご案内致します。